スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的に黙読・どきどき音読 

文章を読むとき、音読する必要はありません。

理由は簡単です。声に出して読むと、

どうしても読むスピードが遅くなるからです。


基本的には、黙読で早く読むことをお勧めしますが

音読したほうがよい場合もあります。

文章を読んでいて気に入った一文に出会ったとき、

それを音読してみると、

「とても頭に入りやすくて分かりやすい」

ということに気がつくのです。

文章のリズムを黙して頭に入れるだけでなく

音読することで体で感じ取ってください。

スポンサーサイト

書き始めるきっかけ 

もともと試行錯誤するための

ノートですからそれでいいのです。


自分で納得の行く言葉を探しているうちに

カタルシス(表出、浄化)の快感を得、

自分の取るべき行動が見えてくれば十分です。


それが結果として、考えを組み立て

言葉で表現するいい訓練にもなっています。

こういう試行錯誤を繰り返すうちに、

胸の中に去来するさまざまな思いを

言葉に換え、外に導きだす通り道が形成させて来ます。

続・「心のノート」 

「心のノート」

どのようなことを書いたらいいのでしょうか?

「自分で感じたこと、考えたことを自分の言葉で書く」

という原則さえ守れば自由に何を書いてもいいのです。

何か自分なり「これが真理だ!」

と思うものを見つけたら、それを表現してみます。

これは抽象概念や論理の領域になりますが、

決して難しいものではありません。

人は毎日いろいろな発見をしながら生きています。

あなやもしばしば、あなたならではの

真理をみつけているはずです。




怠惰とは、人生の快楽の中から、安易なもののみを

選んで渡り歩こうとすることである。

安易な快楽は、決して大きな快楽ではない。

「心のノート」の勧め 

文章力の土台を作るために、日頃いろいろ経験し、

あるいは見たり、聞いたり、読んだりしたことの中から、

自分自身が感じたこと、考えたことをふと立ち止まって

書き留める習慣をつけることをぜひお勧めしたいと思います。


これを「心のノート」とします。

毎日書く必要はありません。

あくまでも何かを感じた時、考えた時に書くものです。

たった一行でかまいません。

誰でも書きたい思いがある 

誰でも書きたい思いをたくさん抱えています。

たいていの人は友人がいい聞き手になってくれると、
際限なくおしゃべりができます。つまり、
誰でも胸の中にはたくさん思いがあるのです。

おしゃべりに熱中しているときに、興味ある事実や自分の
思いを言葉で表現して、相手の理解と共感を求めているはずです。

文章を書いているときと同じです。
誰でも毎日、朝起きてから夜寝るまで
様々な経験をしながら、いろいろ感じたり、
考えたりするように、もともとできているのです。
そしてそれを伝えたいという強い思いをもっています。

おじゃべりは、思いつくままに散漫に話すそばから、
うたかたのごとく消えてしまいます。何も形が残りません。

文章の良さは、形に残り、次々に積み上げて行くことができることです。

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。