FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省略こそが文章の生命 

もしすべての文章に5 W 1 H

(誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように)

をもれなく書いたら、とてもくどくて
読むに堪えないものになってしまいます。

何でも丁寧にもれなく書いたらいいというものではありません。
もともと文章にすべてを書くことは不可能なのです。
読者がどこまで解かってくれるかを推し量りながら、的確に
省略するところに、文章の面白さがあるとも言えます。

「三年連続学年代表に選ばれた「新人教育を任されている」
というような事実を書けば、読み手が「それはなかなかのことだ」と、
補って読んでくれます。

あれこれ解説を加えないで事実に語らせ、読者に補って
読んでもらえれば、文章は簡潔になり、共感度が高まります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyou1223.blog38.fc2.com/tb.php/116-45d09ba3

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。