スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口癖!! 

「~だろうか」

「たしかに・・・しかし・・」

「なぜなら・・・・・」

「したがって・・・・」



常にこの4つを口癖にしてください。

4つのパーツは小論文だけでなく、口で何かを

伝えようとするときや物事を考えることの基本型ともなります。





この4つのパーツのいい点は、

まず自分がな何を問題定義するかを

明確に言える点です。


「たしかに」で反対意見も

考えることができます。


「しかし」で自分の意見を

述べる機会を設けています。



「なぜなら」で根拠を必ず言うことで

思考の循環が成り立ちます。


「したがって」で結論を言えば

ちゃんとした意見となるのです。



例えばミステリー番組で

「~だろうか」「たしかに・・しかし・・」

「なぜなら・・・」「したがって・・・」

で成り立っています。




「起承転結」とも違い論理的に考える場合、

文章で考える場合には

「~だろう」「たしかに・・・しかし・・・」

「なぜなら・・・」「したがって・・・」で考える

と決めておいた方が解かり易くなります。




もう一度書きますが

4つのパーツを口癖にしてください。

コメント

こんにちは!
今月は本当に読書の月でした。
私は本を読むのが早いので
一気に読んでしまうと
何だかもったいないような気がしてきました。ww

Re: タイトルなし

私もそう思います。

せっかく貴重な大枚叩いての情報収集ですから

大事に読みたいですね。大事な部分は2度・3度と

読んでみたら感じ方が変わってくるでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyou1223.blog38.fc2.com/tb.php/34-49e7520c

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。