FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投書の内容を正確に読み取る 

ライティングで書くこと慣れてないアナタ

ふらっと・・初めて訪れたアナタ・・・

このブログの趣旨を理解するためのページを用意しています。

コチラから → 初めての方

ここでは文章を読みとるコツを投書を例にして簡単に説明します。

小論文の基本文型である四部構成「~だろうか」

「たしかに…しかし…」「なぜなら…」「したがって…」

を思い出してください。


投書欄の投書も、ほとんどがその型を

踏まえています。型どおりのものもあれば少し

崩れたものもありますが、その多くは型に

沿って考えることができるのです。



はじめに「~だろうか」で「○○について考えますよ」

といった、問題提起を明確にしています。さらに

「たしかに…しかし…」となっていないにしても、

反対意見を踏まえながら自分の意見を提示。



そしてなんらかの形で、「みんなはこう言っているけれど、

それは変だ」という感じで次が来るのです。


自分の意見の根拠を言っている場合もあれば、

結論を言っている場合もあり、「~だろうか」

が長かったり、「たしかに…・」がないなど

スタイルはいろいろですが、ほぼ四部構成になっています。



この形に投書を当てはめながら「この部分がこれに当たる」

と読んでいくと、大体そのとおりなのです。

型に当てはめることで四部構成が身につくだけでなく、

投書の言わんとしていることを正確に

読み取ることができるようになります。



最悪の場合、投書を一部組立て直さないと

四部構成にあてはまらないこともありますが、

それも一つのトレーニングだと思って、トライしてみてください。

コメント

こんにちは!ユーカと申します^^

ブログにご訪問ありがとうございました!

ライティングは、私もスキルを磨きたいところですが・・・・、奥が深いですよね。

これからも頑張ってくださいね^^

応援♪

Re: タイトルなし

訪問ありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyou1223.blog38.fc2.com/tb.php/64-c70578bc

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。