スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大げさに表現してみる 

なんだかんだといっても、日本人はシャイで控えめです。
音楽の表現方法にしても凄く控え目で、もっと「ワーッ」と
やるべきところでも、なかなかやれないものです。


文章も同様で、ッ凄く控え目な表現をします。
あまりいろいろなことを意識せずに、思い切った表現をして
みてください。あえて大げさに表現してみると、意外と違和感なく
書けてしまうものです。


抵抗があるのであれば、実際に書くか書かないかは別として、
とにかく表現する練習をしてみましょう。


大げさな表現方法も、たくさんやってみて、自分の引き出し
一つでも増やしておくと、のちのち「ここぞ!」というとき役に立ちます。


どのくらい大げさに表現した方が効果が出るかというと、
3倍くらい大げさにするつもりでやるようにしてください。


比喩を使うのであれば、「彼女は震えていた」ではなく、
「彼女は風で倒れそうなくらい揺れて揺れているユリの花のように
震えていた」というようにします。「いくらなんでも、そんな震え方を
していたら、本当に倒れてしまうだろう」くらい大げさな表現をした方が
伝わるということです。


重ね言葉も同様に、「バタバタと落ちていった」というようにします。
現実的にはバタバタ音をたてて落ちていくようなことはなくても、
そのほうが印象に残ります。


重ね言葉のばあい、それ以上装飾を
つけるわけではないので、限界を感じるかもしれませんが、できるだけ
大げさにやってみてください。想像以上の効果が出るでしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyou1223.blog38.fc2.com/tb.php/91-a71287ba

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。