FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みたくなるタイトルの付け方 

文章の「タイトル」ですが、比較的すんなり思いつく人と、いくら考えても
出てこない人に分かれるのではないでしょうか。


タイトルを考えてから文章を書こうとすると、行き詰まって先に進まなく
なることがありますから、タイトルはあくまでも思いついたときに考えた方がいいでしょう。


とはいえ、いつかは考えなくてはなりませんからまずは簡単に考えるようにして
みてください。
自分の中で、一番言いたいことをタイトルにつけてみましょう。


そこに、読んだ人が興味を持つように手を加えていけばいいのです。
一つの方法として、時代感として流行り言葉を意識した方がいい場合もあります。
それでも優先度は「自分が言いたいこと」「主眼的なこと」のほうを多角してください。


たとえば、「仕事は朝が勝負」ということを一番言いたいとき、そのままタイトル
にしても十分ですが、色をつけたタイトルとして、「仕事は朝の5分で片づける」
など、読み手の興味を引っぱれる方向に落します。


「成果主義は間違っている」ということを言いたいときには、「成果主義の危険なワナ」
などのように、少し危ないイメージに持っていくのも、人々の興味を引く方法の一つです。


もう一つ大切なことは、長いタイトルと短いタイトルで迷うなら、短いタイトルのほうが
要素が詰まって内容がつかみやすくなるということです。


読み手にその文章を読みたくさせるかどうかのファーストインプレッションは、
何よりもタイトルです。どうでもいいと思わず、ちゃんと考えるようにしてください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyou1223.blog38.fc2.com/tb.php/92-cbaa6be9

IP分散
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。